Ad spaces

色々な場面で活躍している声優さん

声優さんは、一人で多数のキャラクターを演じ分けることができます。その演じ分けは「さすが」と賞賛したくなります。そんな声優さんの中でも特に出演数が多い人を調べてみました。もちろん、若手の声優さんはデビューが最近だったりするので、当然出演数は少なく、名前を連ねている人は有名な人が多くなっています。

また、今回はテレビアニメのみに絞り込みました。大御所と言われる人たちは、洋画の吹き替えなども行っていますので、それを含めるともっとたくさんの作品に出ている人もいます。加えて、データベースが更新されておらず現在作品数が越えている方もいると思いますが、その点はご了承ください。

200作品以上に出演している人

調べてみたところ、200作品以上のテレビアニメに関わっているのは3名でした。

まず一人目は、「能登麻美子」さんです。小さな子供役から妖艶な大人役、元気いっぱいな主人公タイプ、ちょっと怖いヤンデレタイプなど多くの役柄を演じ分けています。

二人目は、「子安武人」さんです。さわやかな青年、ちょっとマッドな男性、ドSキャラやマスコットキャラクターまでこちらも幅広く演じ分けています。子安さんと言えば、独特な声が特徴的で聞けばすぐにわかるのですが、まったく違うキャラクターに聞こえてしまうので手腕がうかがえます。

三人目は、「石田彰」さんです。こちらもさわやかな青年や影のあるキャラクター、ダークホース的なキャラクターなど幅広い演技力を持っています。石田さんと言えば7色の声を持つという事で話題になりましたね。これから年齢を重ねていくとさらにその演技の幅が広がっていくと思うと楽しみです。

 

150作品以上に出演している人

150作品以上に出演しているという方は結構いました。その中でも有名な人をご紹介していきます。

一人目は、「沢城みゆき」さん。沢城さんと言えば、ギャラクシーエンジェルのミント・ブラマンシェ役から始まり、現在はルパン三世の峰不二子役をバトンタッチしています。萌え系から大人の女性まで演じ分けがすごい方です。

二人目は、「三木眞一郎」さんです。三木さんはサイドキャラクターを彩ってくれる名声優さんですね。時には頼もしいお兄さん、時にはコミカルな役もしっかりとこなしてくれます。

まだまだ続くアニメ業界

100作品以上に出演した声優さんはご紹介しきれないほどたくさんいます。それだけ多くのアニメ作品がリリースされているという事ですね。

これからもたくさんのアニメ作品だけでなく、ゲームや映像作品が作られると思います。その中で、好きな声優さんが出演してくれると嬉しいですね。


アニメ出演数の多い声優さんは?http://seiyu-journal.com/wp-content/uploads/2017/06/PAK85_kakomaretairoenpitu1278_TP_V-1024x643.jpghttp://seiyu-journal.com/wp-content/uploads/2017/06/PAK85_kakomaretairoenpitu1278_TP_V-150x150.jpg松岡アニメアニメ,出演数,声優,演じ分け色々な場面で活躍している声優さん 声優さんは、一人で多数のキャラクターを演じ分けることができます。その演じ分けは「さすが」と賞賛したくなります。そんな声優さんの中でも特に出演数が多い人を調べてみました。もちろん、若手の声優さんはデビューが最近だったりするので、当然出演数は少なく、名前を連ねている人は有名な人が多くなっています。 また、今回はテレビアニメのみに絞り込みました。大御所と言われる人たちは、洋画の吹き替えなども行っていますので、それを含めるともっとたくさんの作品に出ている人もいます。加えて、データベースが更新されておらず現在作品数が越えている方もいると思いますが、その点はご了承ください。 200作品以上に出演している人 調べてみたところ、200作品以上のテレビアニメに関わっているのは3名でした。 まず一人目は、「能登麻美子」さんです。小さな子供役から妖艶な大人役、元気いっぱいな主人公タイプ、ちょっと怖いヤンデレタイプなど多くの役柄を演じ分けています。 二人目は、「子安武人」さんです。さわやかな青年、ちょっとマッドな男性、ドSキャラやマスコットキャラクターまでこちらも幅広く演じ分けています。子安さんと言えば、独特な声が特徴的で聞けばすぐにわかるのですが、まったく違うキャラクターに聞こえてしまうので手腕がうかがえます。 三人目は、「石田彰」さんです。こちらもさわやかな青年や影のあるキャラクター、ダークホース的なキャラクターなど幅広い演技力を持っています。石田さんと言えば7色の声を持つという事で話題になりましたね。これから年齢を重ねていくとさらにその演技の幅が広がっていくと思うと楽しみです。   150作品以上に出演している人 150作品以上に出演しているという方は結構いました。その中でも有名な人をご紹介していきます。 一人目は、「沢城みゆき」さん。沢城さんと言えば、ギャラクシーエンジェルのミント・ブラマンシェ役から始まり、現在はルパン三世の峰不二子役をバトンタッチしています。萌え系から大人の女性まで演じ分けがすごい方です。 二人目は、「三木眞一郎」さんです。三木さんはサイドキャラクターを彩ってくれる名声優さんですね。時には頼もしいお兄さん、時にはコミカルな役もしっかりとこなしてくれます。 まだまだ続くアニメ業界 100作品以上に出演した声優さんはご紹介しきれないほどたくさんいます。それだけ多くのアニメ作品がリリースされているという事ですね。 これからもたくさんのアニメ作品だけでなく、ゲームや映像作品が作られると思います。その中で、好きな声優さんが出演してくれると嬉しいですね。地方で活動する声優を応援するメディア